人が大好きなパピヨンハニーとの楽しい毎日♪今日もほんわか空気に包まれています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by やよ
 
[スポンサー広告
ワクチンを打つか?打たないか??
文章をまとめる能力が著しく欠如した やよです。

今日も引き続き真面目なお話なうえに ちょっと長くなりそう・・・(汗)

ご興味のある方は お付き合いいただけたら嬉しいです。



2年半前にワクチンアレルギーで顔腫れを起こしたハニーさん。

もちろんその後もワクチン接種の時期はやってくるわけで

私もいろいろな情報を得ながら悩んだり

不安を感じたりしながら過ごしてきました。

アレルギーを起こした翌年の接種時期の前に感じた不安は

うまく言葉では言い表せないようなものでした。

悪い方にばかり考えがいってしまって

「もしも ワクチンを打って・・・

 ハニーがアナフィラキシーショックを起こしてしまったら どうしよう・・・」

となかなか答えの出せない疑問に 繰り返し繰り返し悩み続けていました。

上平公園1


そんなことを1ヶ月近くも繰り返してから やっと病院に相談に行きました。

「もうすぐワクチン接種の時期なんですが どうすればいいでしょうか?」

(「どうすれば・・・」というのは 例えば「1日お預けした方がよいでしょうか?」

 というような意味の接種時の注意点に関する質問のつもりでした。)

という私の質問に返ってきた 先生の答えは

「去年アレルギー出たんでしたよね 今年も打ちますか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・

その時点でワクチンを打たないという選択肢を

まったく考えていなかった私。

この時初めて

ワクチンを打つか?打たないか??

という さらに答えの出せない難しい問題にぶつかることになりました。

上平公園2


でも 結局私はワクチンを打つという答えを出しました。

ハニーはアレルギーを起こした後も2回

アレルギーを抑える注射を併用しながらですが

ワクチンを打っています。

そして幸いなことに 2回ともアレルギーは起こしていません。

この先生の言葉からまた 私はさらなる悩みの沼にはまっていくのですが

今日は私がワクチンを打つという答えにたどり着くまでのお話です。

上平公園3

ワクチンアレルギーの翌年 ワクチン接種予定日1週間前

飼い主の心配をよそに 楽しそうな5歳のハニーさん
当時お世話になっていた先生が私に

「今年も打ちますか?」と質問返しにした理由は次のようなものです。

(ワクチンアレルギーで顔腫れ~後編~のお話とダブりますが・・・)

一度ワクチンアレルギーを起こすと その後も起こしやすいということ。

一度目は顔腫れ程度ですんでも 次回はアナフィラキシーショックを

起こす可能性もあるということ。

「命の危険まであるワクチンを 今年も打ちますか?」

「結論を出すのは 飼い主さんです。」


の一点張りでした。

上平公園4


前年アレルギーを起こした時点では

「今年と同じメーカーのワクチンは絶対に打てないので

 来年は別のメーカーのワクチンを打つことになります。」


と言っていた先生が まったく違う説明をすることに納得できず

「ワクチンを接種しなくても 今と同じ生活ができるんですか?」

と質問すると

「お散歩にはなるべく行かない方がいいし

 もし行ったとしても 匂いをかがせたりしてはダメですね。」


とのこと。

上平公園5


そんな生活をさせられるはずもなく さらに質問を繰り返しても

「命の危険まであるワクチンを 今年も打ちますか?」

「結論を出すのは 飼い主さんです。」


という言葉を繰り返すばかりの先生。

「命の危険を冒してまで ワクチンを打たない方がいいと思います。」

というような はっきりとした意見を言うこともなく

質問に対する答えもはっきりせず とにかく逃げるような感じの受け答えばかり。

その姿勢がハニーのことを心配してくれているというよりも

打つにしろ 打たないにしろ

ハニーに万が一のことがあった場合の責任逃れを

今からしているように 私には感じられてしまいました。

上平公園6


もちろん最終的な結論を出すのは飼い主の私です。

その結論の結果 ハニーに万が一のことがあっても

先生を責めるつもりなんてこれっぽっちもありませんでした。

ただ専門家である先生から

結論を出すための材料を提示してもらいたくて質問をしたのに

かなりショックな受け答えでした。

それまで先生を信頼していた気持ちが揺らいでいきました。

上平公園7


「もしも ワクチンを打って・・・

 ハニーがアナフィラキシーショックを起こしてしまったら どうしよう・・・」

「もしも ワクチンを打たないで・・・

 予防できたはずの病気でハニーに万が一のことがあったら どうしよう・・・」

と いくら天秤にかけても答えが出ない2つの考えの間で

堂々巡りを繰り返す私に

ワクチンを打つか?打たないか??

という問題の答えが出せるはずもなく

思い切ってセカンドオピニオンを受けることにしました。

それが今お世話になっている病院です。

上平公園8


実は それまでお世話になっていた病院は

口コミの評判が真っ二つに分かれる病院でした。

「小さくて可愛い純血種が好きで大きな雑種は好きじゃない。」とか

「難しい手術はやりたがらない。」とかいう評判が耳に入ることもありましたが

それまでのハニーに対する診察や対応はとても丁寧だったんです。

でも 私の質問に対する少し面倒くさそうな先生の受け答えに

評判の一端を見たような気がしました。

だから セカンドオピニオンを受ける病院は評判を重視して選びました。

上平公園9


前年のワクチンアレルギーのことから 当時の病院の先生とのやりとりまで

すべて詳しくお話したうえで

「最終的に判断するのは飼い主だということのはわかるのですが

 判断するための材料が少なすぎるので 先生のご意見もお伺いしたい。」

とお伝えしたところ

「僕の率直な意見を言わせていただいていいんですか?」

と先生。

「その方がありがたいです。」

と答えた私に 先生がまず言ってくださった言葉。

「僕はワクチンは打った方がいいと思います。」

上平公園10


その根拠は次のようなものでした。

アナフィラキシーショックを起こすと生命の危機に陥ることもあるが

接種直後に起こすことがほとんどで 病院を出る前には症状が出るので

適切な処置を施せば危機的状況は回避できる可能性が高いということ。


(先生ご自身はアナフィラキシーショックに出会ったことはないそうですが

 知人の先生で出会った方の話では死亡例はないとのことでした。)

たしかにアナフィラキシーショックで死亡に至ってしまうコはいるけれど

その発生率は

ワクチンで防げる病気の発症率から比べると桁違いに低い数字だということ。


(アナフィラキシーショックでの死亡は 全国で年間数頭なのに対して

 ワクチンで防げる病気での死亡は 市内で年間数頭とのこと。)

上平公園11


そして もしもワクチンを打たないという結論を出した場合

ワクチンで防げる病気で命が危険にさらされる不安を

常に持ち続けていなければならないということ。

市内に暮らしている限り お散歩はできないということ。

いくらハニーをお散歩に連れて行かなくても

もしも病気のウィルスがある水溜りを私が踏んでしまった場合

ハニーがその靴の匂いを嗅いだだけでも

うつってしまうくらい強いウィルスもあるということ。


上平公園12


「市内ではワクチンで防げる病気が毎年発生しているので

 アレルギーを避けるためにワクチンを打たなくてもいいとは 僕は言えません。」

「ただワクチンを打つ時には アレルギーを抑える注射を併用して

 アレルギーを起こしたメーカーとは違うメーカーの

 5種に変更して打った方がいいでしょう。」

「もう一度よく 今の先生とお話をされてはどうですか。」


というのが その先生の意見でした。

上平公園13


「わかりました。

 もう一度よく考えてみますが ワクチンを打つ場合

 先生のところでお願いすることもできますか?」

という私の問いに対する

「もちろん 最善を尽くさせてもらいます。」

という先生の言葉も 私の背中を押してくれたように思います。

その後両親ともよく話し合い ワクチンを打つという答えを出しました。

上平公園14


それ以降セカンドオピニオンを受けた先生にお世話になっていますが

ワクチンを接種する時の不安が消えたわけではありません。

ただ 先生の説明を聞いて いろいろな質問をして

納得したうえで出した結論なのだからと 自分に言い聞かせています。

ワクチンアレルギーに関しては

まだまだはっきりとわからないことも多く いろいろな意見があるようですし

居住地域の病気の発症率によっても 必要なワクチンは異なってくるので

信頼できる先生の意見を聞いて(場合によっては 他の先生の意見も聞いて)

納得したうえで結論を出すことが大切だと思います。

アレルギー以外の事情でワクチン接種が難しい場合もあるようですし

毎年接種以外の結論(隔年接種等)を出されている場合もあるようですが

悩んで考えて納得して出した結論であれば

それが大切な家族にとっての最善の答えなんだと信じたいと思います。

上平公園15


ここまでのお話は1年半前のお話なので

今回この記事を書くに当たって 改めて先生に教えていただいたこと。

ワクチンアレルギーに関して

まだはっきりとわからないことが多い状況には変わりがないということ。

ワクチンアレルギーを起こすアレルゲンを特定する検査はないということ。

市内でのワクチンで防げる病気の発生は続いているので

ワクチンを打たなくても大丈夫とは言ってあげられないということ。


上平公園16


そして最後に 少しだけ不安が和らぐような気がしたお話も。

先生はアナフィラキシーショックの症状に出会ったことはないけれど

顔腫れや発熱などのアレルギー症状を起こすコは毎年必ずいるということ。

でも 複数回アレルギーを起こしたコに出会ったことはないということ。

「だからといって 絶対に大丈夫とは言ってあげられないけれど

 でも あまり心配し過ぎなくても・・・

 と言っても 心配になってしまう気持ちはわかるんですけどね。」


と先生。

(ネットの記事などで 複数回アレルギーを起こしてしまったコの話を

 読んだこともあるので 複数回起きないという保障はありません。)

上平公園17


いつも正直に率直にお話してくださる先生を信頼して

今年も11月初旬に ハニーさんをワクチンを接種します。


☆ランキングに参加しています☆ 
   にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ 
        ↑
「さいごまで よんでくださって ありがとう ございます ですよ」
今年もハニーさんがワクチンアレルギーを起こさないですむように
ポチっと応援クリックお願いしま~す♪
スポンサーサイト
Posted by やよ
comment:18   trackback:0
[病院
comment
最後の決断をするのはやっぱり飼い主なんですよね。
だからこそ医学には素人の飼い主が決断できるようにきちんとインフォームドコンセントが出来るのが良い獣医さんと言えるのかな。
やよさんが最初の獣医さんの説明に納得できずにセカンドオピニオンを受けたのは正しい選択だったと思います。
メリットもデメリットもきちんと説明してくれる獣医さんに出会えて良かったですね。
2008/05/20 21:16 | URL | edit posted by leonmama
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/20 21:54 | | edit posted by
なるほど~そういった経緯があって今の病院になったのですね
我が家もエピとの生活が1年足らずの時にすでに4件の病院へ行きましたから^^;
今はやっと地元で一つ実家の方でパテラ手術の病院と
2つの病院を上手に使ってます
人間の病院と違ってワンコの全てを見る訳ですからね
先生も得意分野って言うものもおありでしょうし
ハニーちゃんとたぶんえぴのワクチン接種時期はホボ一緒です
11月が今からチョッと怖いですけどネ
↓×2のコメ
『危険を冒してまでワクチンを接種しなくてもと先生に言われて』との書き込み説明が足りませんでしたね
先生は接種をしないと言うより数を減らす
犬種も考えて2種3種と言う方法もありますってコトでした
ホテル利用を知ってる先生なのでさすがに全く打たないのは薦めないかな
2008/05/20 21:59 | URL | edit posted by haru
もう何度も読み返してしまいました。
やよさんが物凄く悩んだ気持ち
よく分かりますよ~
最初の獣医さんの説明では
不信感を抱いちゃいますよね。
暗に「私は責任を持てません」て言ってるような
ものですもの。
やよさん、セカンドオピニオンを受けて良かったですね。
説明もしっかりしてるし自信にみなぎっていて
信頼出来る先生じゃないですか(~o~)
本当に良い先生に巡り合えて良かったです(^。^)
2008/05/20 22:10 | URL | edit posted by kiyoko
飼い主には、決断するための材料が必要ですもん。
ワンコの為を思うよりも、保身を考えてしまう逃げ腰の先生にあたってしまったら、
悩みの沼にどっぷりとはまってしまいますよー。
きっと苦情とか補償問題とか多いから
少しでも責任を負わなくてはならない要素を排除したい
っていう気持ちはわからなくもないですけれど、
不審に思ってしまいますよね。
100%安心するのは難しいですけれど、納得できるかどうかって、
とても重要だと思います。
良い先生が見つかって良かったですね。
毎回、不安でしょうけれど、やよさん、ハニーちゃんガンバレ!!
2008/05/20 22:15 | URL | edit posted by なおぴー
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/20 22:52 | | edit posted by
当たり前のように打たれているワクチン、実はこんなに怖いことと隣り合わせだったのですね。ロコも心配になってきました。でも知らないより知っていた方が良い、ほんとうに為になりました。なかなか難しい選択だったと思いますが、良い選択だったと思いますよ。
2008/05/20 23:11 | URL | edit posted by TU
こんにちは(^^)
信頼できる獣医さんに出会えてよかったですね(^^)
おうじろうがお世話になってる病院は。。。
今だ、よく分かりません(^^;
何かが起きた時じゃないと、分からないかもしれない
ですね。。。何も起こらにことを願うばかりですが。

この記事は保存版にしたいくらいですよ(笑)
この先のいろんな指針になると言うか、きっと
忘れがちになりそうな予感の「セカンドオピニオン」の
ことを思い出させてくれますよね(^^)

やよさん、ありがとう!!!

今年も来年もずっとずっとハニーさんにアレルギーが
でないことを願ってポチ♪
2008/05/20 23:41 | URL | edit posted by ルカ
やはりいい先生に出会えましたね(^^
これだけしっかりとした意見と考えを持って接してもらえたら
不安でいっぱいだったやよさんの気持ちが随分軽くなったと思います。。。

毎年言われるままに8種のワクチンを打っていますが
本当はそういうことも考えて打つべきなんでしょうね・・・

ハニーちゃん頑張ってね。。。やよさん頑張ってね。。。
2008/05/21 00:29 | URL | edit posted by カンナ号
やよさんが行ってた前の先生の
応対だと病院を変えたくなりますね

ちゃんと説明してくれないと不安ですよ・
我が家も秋に ワクチン接種です
これから毎年接種のたび ビクビクして
いくのだろうなぁ~と思います(@_@。

やよさん 先生の説明の話し よく理解して
上手にまとめてるのには 感心しました

私なんか先生から 話し聞いても難しい
話しにはチンプンになり 半分ぐらい
しか 頭に入ってないこと多いです(~_~;)

2008/05/21 09:12 | URL | edit posted by そよかぜちゃん
そうですね。
最後は飼い主さんが決めることって解っていますが
でも、どうして良いか解らなくなりますよね。
そんな時、獣医としても意見というのは
是非参考にしたいですよね。
家族を守って行くために
私たちが解らない知恵を聞きたいですね。
今度の先生、信頼できそうですね。
そんな獣医に巡り合えたて
良かったですね。
これからも、元気一杯のハニーちゃんを私も見ていきたいです。
2008/05/21 09:51 | URL | edit posted by nao!
やよさん、アナフィキラシー症候群のことが良く分かりました。今までは漠然と、ただ危ないものだ、と思っていましたが、その発症の頻度や発症した場合の抑える薬があることも分かりました。

今度からは、発症した場合には薬が準備してあるのかどうか確認の上受けたいと思っています。

やよさんのこの記事は大切に保存させていただきます。
2008/05/21 11:15 | URL | edit posted by aspipapa
前2つの記事と、じっくり読ませて頂きました。
やっぱり、やよさんはワンコ生活大先輩ですね!
私も、知り合いのパピちゃんがワクチンアレルギーになった話を2つ知っています。
アナフィラキシーショックの事は、その時に私なりに調べたりしましたが、意外と動物病院では詳しい事前説明がされずに、予防接種を当たり前の様にしていますよね。
動物病院での処置は、やっぱりインフォームドコンセントを重視してくれている病院が一番信頼できます。
ネットで調べた素人知識で質問攻撃をしても、笑いながら回答をくれる先生って、本当に心強いです。
先日会った、元気で可愛いハニーちゃんは、過去にこんな危機を乗り越えて今があるんだな。。。と、読んでいて実感しました。
セカンドオピニオン(が今はメインですね)を開拓したやよさんの行動力、今一番いい結果なんじゃないでしょうか。
うちも一回、自分達の意思で病院を変えた事があるので、やよさんのその時の気持ち解るなぁ。。。

ハニーちゃん、今年の接種の時も、やよママを信頼して病院頑張ってくるんだよ!
2008/05/21 11:41 | URL | edit posted by かもねぎ
★お返事です★
いつもたくさんのコメントありがとうございます♪


☆leonmamaさん☆
ワンコの場合も人間の場合も同じだと思うんですけど
医学に素人の私たちがいくら頑張って勉強したところで
足りない知識や情報の方が多いはず。
だから、それを埋めるためにもきちんと説明してくれる先生
こちらの質問に誠実に答えてくれる先生に出会いたいですよね。
メリットもデメリットも同じように提示してもらわないと
最後の決断なんてくだせないですものね。


☆鍵コメさん☆
さっそくのお返事、ありがとうございます!
遠慮なく使わせていただいちゃいますね!!


☆haruさん☆
エピちゃんとharuさんもなかなかよい病院に巡り合えなかったのね。
ハニーは引越しの関係もあって、今の病院が5軒目なんだけど
3軒目以外はよい病院だと思ってお世話になっていました。
だから、この時の先生の対応には(アレルギーが出た4軒目の先生)
かなりショックを受けました。
でも、歳をとって病院に通うことが多くなる前にわかってよかったね
って、両親とも話してます。
エピちゃんも11月にワクチンなのね。
「だいじょうぶ、えぴちゃんは絶対だいじょうぶ・・・」
ワクチンの何日も前から、ハニーにささやき続けてる言葉です。
こんなことしか言ってあげられないけど、一緒に頑張ろうね♪

↓そうよね、エピちゃん、ホテル利用することもあるんですものね。
住んでいる地域ごとに、病気の発症率もまったく違うようだから
先生とよく話し合って、haruさんが納得できる答えが見つかると
いいですね。


☆kiyokoさん☆
私のつたない文章を何度も読み返してくださって
ありがとう、kiyokoさん♪

最初の獣医さんは、ハニーが大好きな先生で
ハニーにも優しく接してくれていて、それまで信頼していただけに
この時の対応はとてもショックでした。
「僕は打ちたくない」って態度に表れちゃってる感じで
ハニーにも素っ気なくて、ハニーは???でそれも可哀想でした。
今の先生は同じことを何度聞いても
くだらないようなことを聞いても、いつも丁寧に答えてくれます。
シニア期を迎える前に信頼できる先生に出会えてよかったです。


☆なおぴーさん☆
あの時の先生は、完全に保身を考えて逃げていたと思います。
苦情とか補償問題とか多いようですものね。
でも、そんなことこれっぽっちも考えてなかった私にとって
あの対応は怒りを全く感じずに、とにかく悲しかったです。
ハニーのことを考えてくれているようには全然思えなくて・・・
どんな治療にもメリット・デメリットがあるのは仕方がないと思うので
飼い主が納得して決断できるようにきちんと提示してほしいですよね。

ハニーと一緒にがんばっていきますよ!
ありがとう、なおぴーさん♪


☆鍵コメさん☆
どうもありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いしますね!!


☆TUさん☆
もしもTUさんを不安な気持ちにさせてしまったのなら
ごめんなさい。。。
でも、こんなこともあるんだってことを知っておいてもらえたら
もしもの時に(もちろん「もしも」はない方がいいんですけど・・・)
的確な対応をしてもらえるかなぁと思って書きました。
ありがとうございます♪


☆ルカさん☆
ワクチン接種からあんなに時間が経ってアレルギー症状が出たのに
病院の診療時間内に間に合って処置してもらえたし
私がすごく悩むことにはなったけど、結果的に今の先生に出会えたし
ハニーのワクチンアレルギーも悪いことばかりじゃなかったんだなぁ
って、この記事書いて思うことができました。
保存版だなんて恥ずかしいけど・・・ありがとう、ルカさん♪

何かが起きた時じゃないと、分からないかも・・・っていうのには
頷けちゃいました。
↑で書いたように、私も最初の先生のこと信頼してましたから・・・
おうちゃんの先生、なんでも「だいじょうぶ」って言われるって
話してましたよね。
飼い主の不安を煽るような先生よりいいかなぁとも思うんですけど
もし心配だったら、何かが起きちゃう前に(起きない方がいいけど)
一度他の病院にも行ってみたらどうかしら?
よい先生なら快くセカンドオピニオンに応じてくれるはずですよ。


☆カンナ号さん☆
この先生が「うるうる娘」の記事のときに
カンナ号さんが「いい先生、優しい先生ですね」って
コメントくださった先生ですよ。
いつも優しくハニーに接してくれて
私のしつこい質問攻撃にも(苦笑)本当に丁寧に答えてくれます。
その治療に関するメリットもデメリットも同じように説明してくれるのが
とてもありがたいと思います。

全国的にも8種の接種率が高いそうですね。
カンナ号さんのお家の辺りで病気の発症があるのかもしれませんね。
もしも不安な気持ちにさせてしまったのなら、ごめんなさい。。。
でも、気になるようなら、一度先生にお聞きしてみてはどうかしら?

ハニーと一緒に頑張っていきますね!
ありがとう、カンナ号さん♪


☆そよかぜちゃんさん☆
前の先生の応対は、↑に書いたとおり信頼していただけに
とてもショックでした。
打つにしろ、打たないにしろ、起こる可能性のある最悪の事態から
責任逃れしているようにしか見えない応対でした。
口コミ情報が見事に真っ二つに分かれる先生だったですけど・・・
あの相談をしている最中に、ハニーは「フワフワの可愛いコ」から
「面倒な問題を抱えたコ」に変わったんだと思います。
話してる途中から、ハニーのこと触らなくなりましたから・・・

つたない文章ですけど・・・ありがとう、そよかぜちゃんさん♪

私も一緒ですよ(笑)
説明の間は先生のことガン見して(苦笑)
学校の授業の何十倍も真剣に聞いてるんですけど
家に帰って両親に説明しようと思うと???ばっかりで。
いつも同じことを何度も何度もお聞きしています。


☆nao!さん☆
何かを決めるには、比較できる材料が必要ですものね。
私たち素人が勉強しただけではわからない
その治療のメリット・デメリットをきちんと提示してくれる先生は
とても頼もしくてありがたい存在です。
シニア期を迎える前に信頼できる先生に出会えたし
ハニーのワクチンアレルギーも悪いことばっかりじゃなかったんだなぁ
って、この記事書いて、皆さんのコメント読んで思いました。

元気一杯のハニーをお届けできるように私も頑張りますね!
ありがとう、nao!さん♪


☆aspipapaさん☆
私のつたない文章ですけど、少しでの参考になれたらよかったです。
先生の知人の獣医さんは、幸いにもアナフィラキシーショックのコを
救うことができたそうですが、やはり全国で年間数頭とはいえ
最悪の事態に陥ってしまうコもいるんですものね。
万全の体制でワクチン接種を行ってくれる病院で接種したいですね。

保存だなんて、恥ずかしいですが・・・ありがとうございます♪


☆かもねぎさん☆
大先輩だなんて・・・くすぐったいんですけど・・・
気がつけばハニーと暮らし始めて6年半ですものね。
その間にはいろいろなことがあって当然ですよね。

私はハニーがワクチンアレルギーを起こすまで、あまり重い症状を
起こした話を周りで聞いたことがなかったんです。
(注射痕を痛がるとか、ちょっと元気がないというのは聞きますが・・・)
本などを読んで知識は持っていたんですけど
まさかハニーに起こるなんて、考えられてなかったんですよね。
本当に病院では当たり前のように簡単にワクチンを打ちますものね。
ワクチンアレルギーのことも、ワクチンそのもののことも
あまりにもいろいろな意見があって、今でも惑わされそうになります。
だからこそ、その治療のメリットもデメリットもきちんと提示して
説明してくれる先生は信頼できると思っています。
私もいつもくだらない質問攻撃ですよ(笑)それも同じ質問を何回も(爆)
嫌な顔一つせず丁寧に答えてくれる先生には感謝してます。
かもねぎ家が通う今の病院の先生も同じなんでしょうね。

ハニーには、この後、さらなる危機がやってきます、私のせいで・・・
また改めて書こうと思ってます。

ハニーにしっかり伝えておきますね!
ありがとう、かもねぎさん♪
2008/05/21 13:04 | URL | edit posted by やよ
改めて気がつきました
コメントのお返事終わってるのにごめんなさいね。

ワクチンって難しい問題ですね。
何十年も前実家でワンを飼っていたときは法律で定められている
狂犬病のワンチンのみ。
食べ物だって味の濃いものや人間のものをあげてたりしました。
その上、外飼い。
それでも10年以上生きてことを思うと何種類ものワクチンの
意味ってどうなんだろう?と考えることがあります。
お世話になっている訓練士の先生は自分のワンコにはできる限り
ワクチンは打たない主義だそうです。
獣医さんによると獣医学も日々進歩していて、今まで定説と
されていたものが覆ることもあるんだそうです。
そんなことを考えるとどんな結論を出すのが正しいかわからなく
なりますね。
セカンドオピニオンできちんと説明してくれる先生に出会えた
ことは良かったですね。
ワクチンは1度打ったらずっと打つべきというわけではないと
思うので、また数年経つと違う意見や説がでてくるかもしれませんね。
ペットブームにのった商業主義で必要のないワクチンを打つような
ことだけは避けてあげたいと思います。
今回のエントリーを読んで、これからもいろいろな情報に敏感で
いなくてはと改めて感じました。
やよさん、どうもありがとう。

2008/05/21 20:59 | URL | edit posted by ひなコ
★お返事です★
☆ひなコさん☆
とんでもないです。
コメントいただけて嬉しいです♪

お返事長くなってしまいそうなので・・・
また改めさせていただきますね。
2008/05/21 23:40 | URL | edit posted by やよ
こんにちわ
始めましてBowRing事務局と申します!!
ワンちゃんのためのコミュニティーサイトBowRing(バウリング)http://www.bowring.jp/ がOPENしました。

新規ご登録していただきマイページを持つと、オリジナル記録チェックもつけられます!
是非、楽しんでご参加ください♪ コチラカラ⇒ http://www.bowring.jp/club/

バウ写真館にてかわいい愛犬写真募集しています!!
応募はこちらから⇒ http://www.bowring.jp/album.php  
みんなでつくるカレンダーが毎月掲載されますので、是非ご応募ください♪
応募いただいた方の中にはTOPページのメインワンちゃんモデル♪♪として採用させていただいております!!

ワンちゃんを愛する飼い主様とワンちゃんを愛する皆様から、愛されるBowRing(バウリング)を運営してまいりますので、末永くお付き合いいただければ幸いです。
もっとこんな機能が欲しい! こういうことが出来たらいいな~などのご希望にも応えて参りますので、是非ご連絡下さい。

運営事業者名:バウリング事務局
URL:http://www.bowring.jp/
MAIL:info@bowring.jp

2008/05/22 19:49 | URL | edit posted by バウリング事務局
★お返事です★
☆バウリング事務局さん☆
ありがとうございます。
後ほどうかがわせていただきますね。
2008/05/22 23:48 | URL | edit posted by やよ
comment posting














 

trackback URL
http://honey841.blog74.fc2.com/tb.php/90-594ed687
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。